山出しの説明書

函館発MVNO(格安SIM)の初心者向けブログ。スマホ等デジタル機器の田舎普及促進を狙う。

格安sim

格安simに変えたいけど迷ってる人が見るべき表

投稿日:2017年1月15日 更新日:

前回はふざけてすいませんでした。今回はまじめに行きます。

格安simにする最大のメリットは、何と言っても今までより料金が安くなる(それも大幅に)ってことですよね。

さて、本題に入る前にその恩恵を受けてる人はどれくらいいるんでしょうか?

乗り換えたいけどわたし日本人なのでみんなが使ってないと不安だわ!?という声にもお応えしましょう。

2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査※MMD研究所調べ

■ 格安SIMサービスの利用率は14.7%

■ メインで利用している格安SIMサービス「楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmio」が上位

■ 格安SIMサービスの契約プランは、音声プランが53.8%、データプランが46.2%

■ 契約プラン別の格安SIMサービス利用は、音声プランが「楽天モバイル」
データプランが「OCNモバイルONE」でそれぞれ最多

■ 格安SIMサービス利用のデバイスは、Androidスマートフォンが最も高く52.8%

というわけで、今だほとんどの人が使っていない!

そりゃあ私がいくら絶対変えた方がいいよ!って言っても説得力ないわ!

ちなみに同研究所調査で半年前の3月では11.5%となっています。

半年で3.2%上昇は、いい感じで伸びているとは思います。

今年の夏には20%超えてもおかしくない!?

 

安さはどうやって説明されているか

さて本題に入ります。

安くなるとは申しましても、パソコンで格安sim提供会社のサイト見て見比べる根性あるならまだしも、スマホだと情報が端折られる上、タブ分けで比較検討もしづらいってことで調べるの面倒って理由が大半だと思います。

一番のメリットは料金の安さなんだけど、そこを説明する文なり画像なりが、漠然としすぎてるってのが私の思う感想です。

例えば一番人気の楽天を見てみると、

rakuentop

このトップ画面のごちゃごちゃ感が楽天らしさを象徴してますね。

rakutentops

ちなみにこっちはスマホ表示版。そして料金の安さを訴える絵となると、

rakutengraf

こんな感じで説明されてます。どこの格安sim会社も似たような絵をつかって料金の安さを訴えています。

だけどこれ、ぜったい、ほんとに~?って目でみんな見てる。格安simに対して不信感のある人は、益々怪しいと思われそうな気がしてならない。

実際、どの経費がどれと比較になるのか正確に見えてこないかんね。

会社だからこそ大手キャリアを派手にこき下ろせないんでしょうね~。だって、はっきり言って格安sim会社は小作人ですもの。大手キャリアから携帯電波を貸して頂いてるのですから!

どのサイトも、超初心者向けのサイト構成とは言えないと思います。

だって手続きには、若干手間のかかる作業も必要になることもあるから。

超初心者が「全然わかんない、なんでもいいからうまくやって」とか来て、そんなのいちいち構ってたら、人がいくらいても足りない。

それを回避するために全然まったくわかりませんと言う人は、敷居が高いからやんない方がいいよと暗に示されているようです。

そして、無知識な側も、「安くなるって言うけどよくわかんないし、別にいいや」っていじけます。

絶対これ以外にオプションとかで追加料金発生するっしょ!?って捨てゼリフ吐きやがります。

では本当にかかる料金を全網羅した表にしてみます。

大手キャリアと格安sim会社の詳細な料金比較はこうだ!

※注意 通信速度、通話品質、通話料等は今回度外視します。単純に料金だけ見るとこれだけ差があるという観点で見てください。「そことそこ比較対象にするのはおかしいだろ」ってちょっと詳しくてめんどくさい奴は今は黙ってろ!

機種は現時点で新しいiPhone 7でやります。本体容量は一番下の32GBの機種で、機種変更の場合。

シェアプランや家族割等は加味しない、単独契約で行きます。

 

まずは大手キャリアの雄、「docomo」の一般的な料金をみていきます。

参考にするのはここ。iPhone料金シミュレーション

※スマホで見てる人は横画面にして見てね。縦だとちっちゃくて見づらいから。

docomotable実際の月とはズレてる項目もあるかもしれませんが、解りやすくこのようにまとめてます。

項目の詳細も説明します。

5分以内通話5分以内の通話なら電話料の追加料金取らないよっていうプランです。ようは4分50秒くらいで電話切って、またかけ直してまた4分50秒くらいで切ってを繰り返しながらなら、トータル何時間電話しても高額請求はこないよっていうものです。ちなみにドコモだと「カケホーダイライトプラン」、auだと「スーパーカケホ」、ソフトバンクは「通話定額ライト」て名前。一緒でいいだろ。腹立たしい!

データ(5GB)…とにかく5ギガバイトっていうインターネットを使えるを買うってことなんだ!3とか7とか20とかいろいろ選べる。例のごとくドコモの呼び方は「データMパック(標準)(5GB)」、auは「データ定額5(5GB)」、ソフトバンクは「データ定額 5GB」。一緒でいいだろ。腹立たしい!

spモード…ザックリいうとそこの会社独自のメールアドレス使わせてもらえる権利です。あと、これないとインターネット繋がせないよという、意地の悪い内容。ドコモの場合は「spモード」(@docomo.ne.jp)のメールが使える権利。auは、「LTE NET」(@ezweb.ne.jp)のメール。ソフトバンクは、「ウェブ使用料」(@i.softbank.jp※注iPhoneの場合。複数ある。)一緒でいいだろ。腹立たしい!

とうわけで、iPhone7ならこんな感じで毎月の金額がかかってて、本体は82,296円を55,728円負けてくれます。だけど最初に一括の差額の26,568円では買わせてくれない。82,296円をちょっと割り引いた額で買って毎月2,322円安くする感じ。何が何でも2年間使わせるつもり。

ちなみに手数料の2,160円は、ショップで対応してくれたオネーチャンのチップだと思っとけ。

 

次に、一番人気の楽天だとこうです※注意 楽天がオススメってわけではないので誤解しないように。

rakutentable

iPhone7本体は直接楽天モバイルで買えないので自分で用意する必要がありますが、今回は「価格.com」で買ったことにしますモノはこれね。こっちは価格変動があるので最終確認で2017/1/15の金額。

5分以内通話…これはドコモと内容は一緒。にもかかわらずなんと!半額!(楽天の場合は全く同じ使い心地ではない。ドコモと同じように使える格安sim会社もある)

データ(5GB)…これはドコモに比べると5,000円→2,150円と大幅ダウン!これはもうアレですよ!アレ。そう、「ぼ・っ・た・く・り!」(あくまでも使える“量”なんで品質云々は関係ない)

spモード…これはかかりません。無くてもインターネットに繋げてくれます。独自のアドレスは使えません。Googleの(@gmail.com)や、yahoo!の(@yahoo.co.jp)などを自分で登録してみんな使ってます。

そして、iPhone7本体は最初に一括払いの必要あり。(クレジットカードの分割とかでもいける)

あとは、同じ電話番号使う場合、ナンバーポータビリティー(MNP)っていう名の手数料がかかる。これは、このケースではドコモに払う手切れ金って感じです。その他楽天に払う入会金って感じで初月3,394円かかる。

最初の月の86,794円はちょっと痛いけど、2年トータルでは、

ドコモ210,168円。

楽天161,314円。

その差なんと!48,854円!

これ見て「はんっ!そんなはした金!」と思う人は住む世界が違いますので陸橋のうえで札をバラ撒くことに快楽を覚えてください。そして私に教えてください。

これに、もし2年縛りの違約金10,260円払ったとしてもまだ38,594円浮きますよ。(本体代払ってる最初の2年経過前に辞めたら、残りの月数×値引きしない月本体代の残額を一括請求されますのでご注意)

ドコモもauもソフトバンクも基本的な料金体系はあんまり違いがないです。(格安simに感じる驚異的な安さにはなりません)

 

さて、今回は料金だけに特化してご紹介しました。もちろん大手のメリットもありますが、致命的にないと困るサービスはないと断言できます。

次回はもっとディープに迫ります。

 


-格安sim

関連記事

スマホ買ったばっかりで泣いてる人が見るべき表(2年使い続けるのがいいのか検証)

力入ってます!今回のブログ記事。 格安simが安いのはわかったけど機種変更してまだ2年たってないよ~泣。 違約金高いから2年たつまで我慢するよ。って人はかなり多いと思います。 最初の2年間は、本来高い …

かあちゃんに最適なスマホ仕様の選び方

これはちょっと前にYahoo!ニュースにのった記事。 ITオンチな母が“得体の知れない”格安SIMを受け入れた理由 母の希望はドコモの「Xperia XZ」でした。恐らくLINEとカメラ機能しか使わな …

スマホはどれくらいのギガ数がちょうどいいの?

さてさて、前回は1GBがどれくらいの値段の開きがあるか述べました。 今回はGB(ギガバイト)に代表される、スマホで通信するための単位の説明したいと思います。 大手キャリアも、格安sim業者も、当たり前 …

uroad-home2

WiMAXのホームルーター「URoad-Home2+」を格安SIMの「IIJmio(au系)」で使えるか実験してみた!

家電改造大好き!「山出し」です。 今回の記事は一味違う!!!かなり限られた人への需要しか無いでしょう! 皆さんUQ WiMAXのルーター「URoad-Home2+」はご存知でしょうか。 こんな器械です …

sapporo_tokeidai

格安SIM乗り換え指南!札幌編の巻

地味に格安SIM乗り換えサポートの件数増やしている「山出し」です。 函館相談件数実績ナンバーワン!みたいな、過払い金請求みたいな肩書つけちゃうよw さて、先日札幌に行った際、友人のスマホデビュー&格安 …

スマホ歴は日本上陸初期の2006年からと長いが、SNSを始めたのは2016年という天邪鬼。
無知なるゆえに、通信会社に支払った違約金は5社以上。
痛い目にあった経験から通信費節約に詳しくなりました。
函館在住だが、近所や職場にいたるまで、さっぱり格安sim(MVNO)使ってる様子がない。
田舎もんは、大手に搾取されるしかないのか。
支出を減らして「山出し」と遊びに行こう!(おごりで笑)